ストーカー被害者必見!探偵の役割と依頼のメリットを解説

2023/07/20

ストーカー被害者必見!探偵の役割と依頼のメリットを解説

「ストーカーに関する依頼、探偵に頼むことは可能なのだろうか?」

このような疑問をお持ちの方も少なくないかと思います。もし自分が被害者だった場合、ストーカー対策として探偵を頼んでも大丈夫なのでしょうか?

あるいは、ストーカー自身が探偵に依頼することは法的に許されるのでしょうか?

今回は、私たち探偵が日々の仕事の中で得た経験と専門知識を元に、これらの疑問に対する答えを明確にしていきます。

あなたが安心して探偵へ依頼できるために、また、被害に遭った際にどのように対処すれば良いのか理解するために、ぜひこの記事を最後までお読みください。

ストーカー調査の探偵依頼についての疑問解明

なぜストーカーからの探偵依頼が問題となるか

依頼者がストーカーである場合、その依頼を受けることは困難であると結論付けられます。

その理由としては、法的制約が存在します。

具体的には、ストーカーが被害者の居場所や情報を求めるような依頼は、探偵が受けてはならないものとされています。

事実、そのような依頼を受けた場合、探偵は罰せられる可能性があるのです。

したがって、依頼者がストーカーである場合、その依頼を受けることは困難であると言えます。

ストーカーの依頼に応えるリスク

ストーカーからの依頼を受けた場合、リスクが伴います。

その理由としては、法的な制約に違反する可能性があるからです。

具体的には、ストーカーの依頼に応じると、それが法律に違反する行為となり、逮捕される可能性があります。

また、業界の信頼を失い、廃業に追い込まれる可能性もあるのです。

結論として、ストーカーからの依頼には大きなリスクが伴い、その依頼を受けることは探偵として許されていないと言えます。

ストーカー対策と探偵の役割

被害者が探偵に依頼できる理由

ストーカー被害に遭っている方は、探偵に依頼することが可能です。

なぜなら、探偵業は都道府県に業務届け出を行い、法的な許可を得て行われているからです。

具体的には、尾行や盗聴器の発見など、探偵が行う調査活動は法律に違反せず、被害者が探偵に依頼してストーカーからの保護を求めることができるのです。

結論として、被害者が探偵に依頼することは、その人々の安全とプライバシーを保つ上で重要な一歩と言えます。

探偵が提出する業務届け出の重要性

探偵業は都道府県に対して業務届け出を提出します。

その届け出が重要な理由は、その業務が法的な許可を受けていることを証明しているからです。

具体的には、この届け出により探偵の調査活動が合法的であることが確認され、依頼人も安心してそのサービスを利用できます。

結論として、探偵が提出する業務届け出は、探偵業の透明性を確保し、顧客の信頼を築くために不可欠な要素です。

探偵によるストーカー対策のメリット

警察に動いてもらうための証拠収集

探偵に依頼すると、警察が動くための証拠を収集できるという利点があります。

なぜなら、警察は具体的な証拠があると初めて動き出すからです。

具体的には、探偵はストーカーの正体を特定し、また盗聴器などの証拠を発見することがあります。

これらの証拠があることで、警察は初めて動き出すことが可能となります。

結論として、探偵に依頼することで警察が動くための重要な証拠を手に入れることができるのです。

探偵による匿名の特定と盗聴器発見の可能性

探偵は匿名の特定や盗聴器の発見といった重要な業務を担っています。

その理由は、探偵がプロフェッショナルな技術を持ち、依頼人が手に入れられない情報を手に入れることが可能だからです。

具体的には、探偵はストーカーの正体を特定し、その行動を把握し、盗聴器を発見するといった活動を行うことがあります。

これらの活動は被害者が安全を保つために不可欠なものです。

結論として、探偵に依頼することで匿名の特定や盗聴器の発見といった重要な業務を任せることができるのです。

証拠収集の重要性とその危険性

刑事事件に発展する前の証拠収集の重要性

証拠収集は刑事事件に発展する前に重要な工程です。

その理由は、証拠が揃って初めて警察が動くことができ、被害を防ぐことができるからです。

具体的には、ストーカーの身元や行動パターン、盗聴器の証拠など、これらはすべて重要な証拠となります。

これらが揃って初めて警察は動くことができるのです。

したがって、刑事事件に発展する前に証拠を収集することは極めて重要なのです。

自身による証拠集めのリスクとプロへの依頼の安心感

自分で証拠を集めることには大きなリスクが伴います。

その理由は、専門的な知識や技術が必要で、また間違った方法で証拠を集めると法律に触れる可能性があるからです。

具体的には、盗聴器の発見やストーカーの身元特定などはプロの技術が必要であり、素人が行うとかえって事態を悪化させることがあります。

結論として、自分で証拠を集めるのではなく、プロの探偵に依頼することで安心感を得られると言えます。

まとめ

 

ストーカー被害に遭った方が、我々探偵に依頼することは十分可能で、実際に役立つ手段となることをお伝えしたい。

重要なのは、ストーカーからの依頼には応じられないということ。

これは法的制約と業界の倫理から逸脱するからです。

一方、被害者が我々に依頼することで、ストーカーの特定や証拠収集など、法的に許可された範囲での支援が可能となります。

我々が持つ技術と経験を活用し、警察が介入するための具体的な証拠を揃え、安全な環境を取り戻すお手伝いをすることが我々の役割です。

自身で証拠を集めることはリスクが伴いますので、専門的な支援が必要な場合は、どうか遠慮せずにシークレットジャパン名古屋にお任せください。

無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください

お電話での問い合わせ

電話

0120-974-827

受付時間:24時間365日相談OK

LINEでの問い合わせ

LINE

無料相談受付中

この記事を書いた店舗

総合探偵社シークレットジャパン名古屋

総合探偵社シークレットジャパン名古屋

名古屋で探偵事務所をお探しなら、総合探偵社シークレットジャパン名古屋にお任せ。浮気、不倫調査や素行調査、行方調査など幅広く対応。様々な問題を解決してきた実績があります。ご依頼者様と二人三脚で調査を進め、プロの調査技術で証拠を掴みます。

関連記事

無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください

お電話での問い合わせ

電話

0120-974-827

受付時間:24時間365日相談OK

LINEでの問い合わせ

LINE

無料相談受付中