Blog&column
ブログ・コラム

失踪者はどこへいってしまうのか

query_builder 2022/06/08
コラム
22

どこへ行ってしまったかわからなくなった人を失踪者といいます。
この失踪者は、果たしてどこへ行ってしまったのでしょうか。
今回は、失踪者がどのような理由でどこへ行ったのかについてお話します。

▼失踪者の割合
失踪者の割合として10代が一番多く、その次に高齢者です。
10代だと、家族関係の問題による家出などが考えられます。
高齢になれば疾病における失踪者が多いでしょう。
20代から40代くらいまでは、割合的には少なく、失踪する理由もさまざまです。

▼失踪する理由
10代の家出や高齢者などの疾病による失踪の割合が多いのは、見つかる確率が高いからといえます。
失踪して見つかれば理由がわかりますが、見つからなければ理由はわからないままです。

20代から40代が失踪する理由として、借金から逃れるためだったり、不倫などによる地方への失踪があります。
その場合、自ら身を隠しているため見つからないケースが多いため、割合として少なくなります。
しかし、一定の割合でそういった失踪者がいるのも事実です。

▼失踪者を探すには
10代の家出であれば、学校などの交友関係などから見つかる可能性があります。
また、疾病による失踪であれば危険度が高いため、警察や自治体による捜索が必要です。

それ以外の失踪者の場合、警察は事件や事故の可能性を考えます。
借金や不倫などによる失踪の場合、警察の捜索だと時間がかかったり、見つけきれない可能性もあるでしょう。
その場合、自ら失踪者の性格や素行を調査して探すか、探偵に依頼するのもひとつの手です。

▼まとめ
失踪者がどこへ行ったのかは失踪する理由によって異なります。
警察による捜索が必要な場合は、捜索願を出す必要があるでしょう。
シークレットジャパンあずさでは、行方調査の依頼も承ります。

また浮気や不倫の調査・素行調査まで行います。
さらに失踪者は失踪する理由を調べたうえで調査します。
警察などに依頼しづらい行方調査をお考えであれば、是非、当社へご相談ください。

NEW

  • 素行調査で浮気相手を調べる理由とは

    query_builder 2022/12/01
  • 素行調査の一般的な期間について

    query_builder 2022/11/15
  • 素行調査の具体的な内容について

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE