Blog&column
ブログ・コラム

自力で人探しはできるの?具体的な行方調査の方法について

query_builder 2022/05/01
コラム
17

家族や友人が失踪などで行方が分からなくなってしまった場合、どのように探したら良いのでしょう。
また、どうしても会いたい人がいて、その人の現在の連絡先を調べる方法を模索している人もいると思います。
この記事では、自力で行方調査を進めていく方法をご提案いたします。

▼自力で人探しはできるのか?
自力で人探しを行うことは不可能ではありません。
ただし、膨大な時間と労力を伴う可能性が高いことを頭に入れておく必要があるでしょう。

▼具体的な行方調査の方法
自力でできる範囲の行方調査の方法は以下の通りです。

■対象者の友人に聞き込みをする
探している人物の友人や知人への聞き込みにより、現在の連絡先や住所などを入手できる可能性があります。
ただし、友人が納得できる調査理由を提示しなければ、情報を入手するどころか警戒されてしまう恐れもあるでしょう。

■SNSを検索する
Twitter・Instagram・FacebookなどのSNS上で、対象人物のSNSアカウントを見つけられる場合もあるでしょう。
アカウントを発見できれば、メッセージでやり取りができたり、投稿されている写真から位置情報を入手できる可能性があります。

■公開情報を確認する
誰でもアクセスできる、以下のような公開情報をチェックしていくのも行方調査方法の1つです。

・住宅地図→世帯主が確認できる
・不動産登記簿→不動産所有者の住所・氏名が確認できる
・商業登記簿→社名や役員情報が確認できる
・商業用データベース→不動産所有者リストを検索できる
・ドメイン登録情報→ドメインの登録者の情報を検索できる

▼まとめ
自力で人探しを行いたい場合は、対象者の友人への聞き込みやSNSを検索してみてはいかがでしょう。
それでも有力な情報が得られない場合は、地道に公開情報を確認していくことになります。

そうなると、想像以上に時間と労力がかかることを覚悟しておかなければなりません。
「なるべく短期間で対象者の情報を得たい」という方は、シークレットジャパンあずさへご相談ください。
行方調査のプロが丁寧かつ迅速に対応いたします。

NEW

  • 素行調査で浮気相手を調べる理由とは

    query_builder 2022/12/01
  • 素行調査の一般的な期間について

    query_builder 2022/11/15
  • 素行調査の具体的な内容について

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE